薬剤師になるには

薬剤師になるには、国家資格が必要です。
受験資格は、大学の薬学部や薬学科を卒業することで得ることができます。
薬学部や薬学科を設置している大学は、国立・公立・私立に分かれています。
以前は4年制のカリキュラムを修了することで受験することができましたが、現在は6年制のカリキュラムを修了することが受験の条件となっています。


大学の薬学部や薬学科を卒業したら、国家試験を受けることになります。
国家試験は年に1回行われ、マークシート方式の筆記試験となっています。
試験に合格した後に、厚生労働大臣より合格証書が交付されて、薬剤師名簿に登録後、薬剤師の免許が与えられます。


薬剤師には薬に対する幅広い知識と、薬をミリグラム単位で調合しなければならない几帳面さが求められます。
また、ドラッグストアなどに勤める場合には、接客や販売も行う必要があるので、お客様に対応するコミュニケーション能力がいります。


特に、「MR(医薬情報提供者)」という仕事に注目が集まっており、製薬会社に勤める以外に、人材派遣会社に登録して働くことも可能です。
自社で開発している薬を医療機関に勧めたり、医療機関で得た情報を自社に持ち帰って開発に活かすなど、薬剤師の資格で活躍できる仕事も増えています。


薬剤師の国家資格を取得するまではたいへんですが、資格を取得してからは、病院や薬局、診療所、製薬会社、ドラッグストアなどの幅広いジャンルで活躍することができるでしょう。

Copyright © 2014 なるには?薬剤師 All Rights Reserved.